HOME>ホットトピックス>登校拒否するには親も理由を知る必要性がある

コミュニケーションを図る

小学校や中学校など、大阪の教育機関に通う学生(児童)の中には、不登校となり、自宅から外に出ることが難しい精神疾患の子どもも少なからずいます。精神科・心療内科などでは、薬物療法ではなく、心の声を聞く治療方針で携わります。ですから、不登校で引きこもりの学生には、電話やメールで、年齢の低い児童にはお手紙(文通相手)でコミュニケーションを図ることもあります。学校に行けなくなった理由を話すまでに時間がかかるのは、内に秘めていることを赤の他人に話すことができないからです。信頼関係を築くこと、これは医療従事者には必要性があります。お手紙の内容も、文字でなくイラストであるなら、そこから何かしらのヒントを得ることもあるようです。心のままに描くだけで、児童には知られずに心理状態を医師も知ることができます。

接し方を探る

大阪の教育施設をはじめ、児童相談所などに心理カウンセラーが籍をおくのも特長で、不登校気味の学生(児童)の相談相手になっています。また、そうするだけでなく、医療機関のデータを基に、心理検査や面接を行うことにより、子どもとの接し方に悩む親に助言ができるメリットもあるようです。

エネルギッシュになる

不登校である現実問題と向き合うにも、教育も受けなければならず、大阪でも家庭教師を利用する子どもがいます。不登校であっても学校に通えないだけなのも特長で、外に連れ出してくれる友人や、太陽光や自然のエネルギーで満たされることで、エネルギッシュな自分をイメージでき、再び登校できると精神科医が伝えています。

広告募集中